スマートフォン 最新情報 TOP >  スマートフォン情報  >  モバイルデータ通信の種類

モバイルデータ通信の種類

wimax.jpgモバイルデータ通信と一言に行っても沢山あります。主要なサービスをいくつか紹介します。

スマートフォンのテザリング

au 4G LTE、docomo、softbankなど、スマートフォン経由で、Wi-Fi端末をインターネットに接続できるサービスです。現行のスマートフォンの多くは、テザリング機能に対応しています。

ルーターを使用したモバイルデータ通信

WiMAX(ワイマックス)、イーモバイルなど、右のイラストのような端末を利用し、インターネットに接続できるサービスです。これらの端末が一つあれば、パソコン、スマホ、各種ゲーム機器など、複数の端末を同時にインターネット接続できます。

その他

パソコンに直接接続する、USBタイプやデータカードタイプもありますが、今現在は主流ではありません。一つの端末しか接続できないので、ルーターやスマホを使ったテザリングの方が、遥かに便利です。

エリアチェックが重要

当たり前ですが、それぞれエリアが異なります。契約する前に、自分が利用する行動範囲が、エリア内なのかどうかを確実にチェックしておきましょう。docomo ハイスピードFOMA、au 3G対応のサービスなら、携帯電話のdocomo・auのエリア内なら、どこでもデータ通信できるので、通信速度は遅いですが、エリアは非常に広いです。




コメント(0) | トラックバック(0) |2016年12月23日 10:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shikalife.com/mt/mt-tb.cgi/107

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





モバイルデータ通信の種類