スマートフォン 最新情報 TOP >  スマートフォン情報  >  iPhone4Sで国産スマホが劣勢!?

iPhone4Sで国産スマホが劣勢!?

iPhone4Sが発売されたのが、2011年10月14日です。大方の予想に反し、iPhone5ではなく4Sというマイナーチェンジだったにも関わらず、恐ろしい勢いでシェアを広げているそうです。

市場調査会社BCNによると、アップルはアイフォーン4Sの発売以来、メーカー別シェアで首位を独走。10月の発売直後の週に73・5%に達した週間シェアは、ひと月以上たった11月第3週も56・1%を維持した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111127-00000079-san-bus_all

個人的にも、iPhone4Sの完成度の高さには驚きました。
操作のレスポンスの速さ、カメラの性能、OSの違い etc.挙げればきりがありません。

Androidのスマートフォンも使ってますが、「直感で簡単に操作できるのはどっちだ?」と聞かれれば、即座に「iPhone4Sだ」と答えるでしょう。それくらい違います(^_^;)

初心者が使い易いのも、iPhone4Sだと思います。使いこめばAndroid端末の良さもよくわかるんですが、取っつき易さ、ブランド、前評判、、、iPhone4Sがシェアを伸ばす要因は容易に見つかります。

いつまで続くか分かりませんが、少なくとも春まではiPhone4Sの独壇場は続くでしょう。




コメント(0) | トラックバック(0) |2011年12月 5日 13:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shikalife.com/mt/mt-tb.cgi/66

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





iPhone4Sで国産スマホが劣勢!?