スマートフォン 最新情報 最新コンテンツ 一覧


スマートフォンは選択肢が急増中!

SIMフリースマホ イメージ2015年はSIMフリー元年とよく言われます。これまで、大手3キャリア(docomo・au・ソフトバンク)が、それぞれでSIMロックと呼ばれる使用制限を端末に掛けていました。簡単に言えば、自社で販売したスマホでは、他社の電波を使えないようにしていました。

それを総務省がSIMロックを解除するように求め、2015年春からスタートしました。ただ、現状はまだまだ「全てのスマホでどこの会社のSIMが使える」という状態には程遠いです。購入して半年経たないとSIMロック解除はできないし、古い端末のSIMロック解除には応じてもらえないしで、大手キャリアが利用者の事を本当の意味で考えているかは疑問です。

話がそれてしまいましたが、それでもSIMフリー元年はもう終盤にはいり、docomoが一人勝ちになるのは確実です。docomo系の電波を使った格安SIMが圧倒的に多いからです。

詳しくはこちら>>>格安SIM 比較

他でもない私もdocomo系の格安SIMを使っています。DMM Mobileです。挿しているのはdocomoのiPhone6で新品の白ロムをオークションで買いました。

私のように、docomoの端末をSIMロック解除せずに、docomo系の格安SIMを使って利用するというパターンが一番多いように思います。SIMフリー端末を新たに購入するよりも、手持ちのdocomo系スマホや、中古・新古品を手に入れて使う方が費用が抑えられるからです。

docomoでもauでもソフトバンクでもどこの電波でも使える、、、というSIMフリー端末は海外でこそ本領を発揮するもので、国内に居ればキャリアをコロコロ乗り換えることも無いですし、SIMフリー端末を高いお金を出して買うメリットが今のところ見当たりません。

選択肢が増えた分、分かりにくくなった。

私の周りにも多いですが、格安SIMで節約できている方と、「格安SIMって何よ!」と逆切れ気味で聞いてくる人の二極化しています。今の状況は、デジタル機器やサービスに疎い人にとって、非常に分かりにくい状態です。逆に言えば、まだまだ大手3キャリアの顧客囲い込みが強すぎて、ユーザーにとって分かりやすくサービスが提供されていない状態です。

私はとことん調べたい人なので、月々1,000円そこそこでiPhoneを使っていますが、同じ程度しか使っていなくて、月に1万円近く払っている人もいると思います。

管理人プチコラム

iphone.jpg2015年はもう終わろうとしています。SIMフリー元年は上にも書いたようにdocomo一人勝ちですが、まだまだ「節約できるのに節約の仕方が分からない」という人が山ほどいます。言い方は悪いですが、大手キャリアの言いなりになって高い利用料を払っている人たちです。

2016年はそういう方が一人でも減るように、SIMフリー・格安SIMが本当の意味で普及するようになってほしいと願っています。自分が今スマホに払っている額が、適切かどうかを時間がかかっても良いので納得いくまで調べてみてください。きっと節約できる方法が簡単に見つかると思います。

スマートフォン 最新情報